マガジンのカバー画像

エグゼキューション・クリエイティブ

4
機動力と定着力を武器に、いいものをつくりあげる実行部隊。エージェンシーとプロダクションのいいとこどりです。
運営しているクリエイター

記事一覧

バズらなくても、たったひとりがめちゃくちゃ好きになってくれる広告をめざして。

バズらなくても、たったひとりがめちゃくちゃ好きになってくれる広告をめざして。

「いや、広告なんだから話題になるほうがいいでしょ」という声が聞こえてきそうなタイトルですみません。たしかに、そのとおりだと思います。

でも、わたしが「たったひとり」にこだわるのには理由がありまして。これからそれを紐解いていければと思いますので、ぜひ最後まで読んでいただけるとうれしいです。

求人広告から、マス広告の世界へ。はじめまして。ADKクリエイティブ・ワンのコピーライター、平岩里紗と申しま

もっとみる
釣り名人だけ、なぜ、いつも釣れるのか。~元フィッシングライター、現コピーライターだから見えてきたこと~

釣り名人だけ、なぜ、いつも釣れるのか。~元フィッシングライター、現コピーライターだから見えてきたこと~

みなさん、釣りをしたことはありますか。僕は、若い頃に釣りの沼にどっぷりとはまりこんでしまい、ウキを自作していたほか、高校生の頃は釣り雑誌のライターもしていました。はじめまして、ADKクリエイティブ・ワンのコピーライター奥原友明です。現在、エグゼキューション・クリエイティブをコンセプトに掲げるチームで、CM、OOH、WEBコンテンツ、カタログと様々なコミュニケーションツールを企画制作しています。

もっとみる
クリエイティブの1つの理想形は、寿司職人ではないか。

クリエイティブの1つの理想形は、寿司職人ではないか。

皆さまこんにちは。私、ADKクリエイティブの高橋J史生(タカハシ ジェイ フミオ)と申します。真ん中の“J”はアダ名のようなもので外国人ではありません。昔から業界の人たちやクライアント様から“Jさん”と呼ばれてきましたので、もう自ら名乗ることにしました。皆さまも恥ずかしがらず大きな声で“J”と呼んでいただければ幸いです。
(注)何故Jと呼ばれているのか?については長くなるのでお会いした時にお話しし

もっとみる
逆転の発想で生まれる上質なアウトプットが、世の中の課題をズバッと成敗する。エグゼキューション・クリエイティブ

逆転の発想で生まれる上質なアウトプットが、世の中の課題をズバッと成敗する。エグゼキューション・クリエイティブ

今こそ必要な武器は「エグゼキューション・クリエイティブ」。そのワケとは?刀で峰打ちにする。針で突く。印籠を掲げる。銭を投げる。桜吹雪を見せつけて、大見得を切る。時代劇は、主人公によって決め技はさまざまです。

社会情勢の変化から商品やサービスを取り巻く課題が、高度に複雑化する今。必要なのは、時と場合に応じてどんな決め技をも操る「エグゼキューション」スキルではないでしょうか。私は、そう考えています。

もっとみる