エグゼキューション・クリエイティブ

2
+2

クリエイティブの1つの理想形は、寿司職人ではないか。

皆さまこんにちは。私、ADKクリエイティブの高橋J史生(タカハシ ジェイ フミオ)と申します。真ん中の“J”はアダ名のようなもので外国人ではありません。昔から業界の人たちやクライアント様から“Jさん”と呼ばれてきましたので、もう自ら名乗ることにしました。皆さまも恥ずかしがらず大きな声で“J”と呼んでいただければ幸いです。
(注)何故Jと呼ばれているのか?については長くなるのでお会いした時にお話しし

もっとみる

逆転の発想で生まれる上質なアウトプットが、世の中の課題をズバッと成敗する。エグゼキューション・クリエイティブ

今こそ必要な武器は「エグゼキューション・クリエイティブ」。そのワケとは?刀で峰打ちにする。針で突く。印籠を掲げる。銭を投げる。桜吹雪を見せつけて、大見得を切る。時代劇は、主人公によって決め技はさまざまです。

社会情勢の変化から商品やサービスを取り巻く課題が、高度に複雑化する今。必要なのは、時と場合に応じてどんな決め技をも操る「エグゼキューション」スキルではないでしょうか。私は、そう考えています。

もっとみる